ドックフードやキャットフードの選び方からアトピー,痒み,涙やけ対策などのペットの体に関する情報など・・お役立ち情報を発信致します。

  1. ドックフード
  2. 69 view

おすすめドッグフードの選び方

今や子どもの数よりも犬のほうが多いと言われている昨今、ドッグフードをはじめとするペット用品が大変充実しています。中でもドッグフードはパピー用からシニア用、あるいは犬種別にまで分かれているほど多種多様です。昔は犬には残飯や味噌汁欠けご飯を与えていたものですが、家族の一員となっている愛犬にはきちんとしたドッグフードを与えることが大切です。
しかしあまりにも数が多いため選ぶのが難しいですし、はたして愛犬に合っているかどうかも分かりません。ドッグフードはどのようにして選べばいいのでしょうか。

ドッグフードの中には粗悪品もある


ドッグフードをよく見てみると「これは犬用ですので人は食べないでください」などという注意書きが見つかるはずです。犬は食べて良いのになぜ人間は食べてはいけないのか、愛犬家なら不思議に思うことでしょう。ドッグフードは使用する成分についてきちんとした規定がないため、人間用の豪華な食材を使ったものから、人が食べるために加工した残りものを使って作られているものがあります。

後者はいわば捨てるべきものを再利用しますので、ワンちゃんの食いつきを良くするために化学調味料や着色料が多く使われています。また長期保存ができるように防腐剤や添加物、保存料などのワンちゃんの身体に悪いものがいっぱい入っているのです。当然ながらこのような成分が入っていないものを選ぶのが、ドッグフードを購入するときに気を付けるべきポイントと言えます。

成分表示の見分け方


ドッグフードの袋や缶には成分が記されていますが、最も多く含まれているものから表示されています。ワンちゃんの身体に悪いものが入っていると、消化が遅くなり内臓に負担をかけてしまいます。
特に穀物は最も負担が大きく、肉類よりも先に記載されているドッグフードは要注意です。肉類も牛肉や豚肉、ササミなどの鶏肉との表記でなく、牛肉エキスや鶏肉パウダー、あるいは豚肉ミートなどという名前なら、人が口にする肉類ではないと考えられます。

なぜなら人間でも食べられる肉類ならそのまま牛肉や鶏肉と記載すればいいのであって、そう書かないということは書けない理由があるからです。
すなわち人が食べてはいけないものをドッグフードに使用するため、人用の肉類ではおよそ想像できないものが入っているという実態があり、それがレンダリングと呼ばれるものです。

レンダリングとは何か


ほとんどの人が聞いたことのないこのレンダリングとは、家畜動物を再利用することで、人間用として加工した食肉の残りと一緒に使います。加工後に残った骨や内臓を加熱して動物性脂肪を取り除いたものを乾燥させ、粉にして肉骨粉と呼ばれるものを作り出します。家畜動物を再利用しているため、この肉骨粉の中には死んだ動物や病気を持っていた動物も含まれます。

そのほかにも犬や猫が病気で苦しんだ場合、安楽死という手段が採られることがあります。安楽死に使う薬剤は死亡後も動物の体内に残ってしまうのですが、中にはこれらもレンダリングとして使われていたという事実がありました。このように成分表示の中にどんな肉であろうとも、肉骨粉の記載があるものは最も避けるべきドッグフードと言っても過言ではありません。

ドッグフード選びは人間を基準に


人間でも問題視されている食品添加物は、ドッグフードにも多く含まれています。人に関しては法律でかなり規制されてきましたが、ことドッグフードになると規制はほとんどないも同然です。そのためこれでもかというほど添加物が混入されているものも見られます。人が食べるものを選ぶときに無添加と書かれたものは、安心して買うことができるでしょう。

それはワンちゃんにとっても同じことで、ドッグフードも無添加のものを選ぶのが基本です。さらに人が食べても安全な食材が使われていることも大切で、人の身体に悪いものはワンちゃんにも悪いものと考えましょう。質の良い原材料を使用し、不要な添加物を入れていないドッグフードは、粗悪なドッグフードよりも価格は上がります。

同じ量だけ入っているのに一方は結構なお値段がし、もう一方は驚くほど安価であれば迷わず高いほうを選ぶべきです。また穀物はワンちゃんにアレルギーや皮膚病を起こす要因と考えられていますし、分解ができずに胃腸に負担をかけることにもなります。ですので穀物不使用のものであることも、ドッグフード選びの重要な要素です。

獣医師に相談するのもおすすめ

粗悪なドッグフードを与えると、病気になるリスクを上げることにも繋がります。病気になった場合、症状に合った療養食ドッグフードを動物病院で購入することになりますので、病気が見つかってからは獣医師の勧めるドッグフードを使用しましょう。

また療養食ドッグフードでなくても、今与えているドッグフードが安全かどうかは獣医師に成分を見てもらえば分かります。悪いものが入っているドッグフードなら、止めたほうが良いとはっきり言ってもらえますし、おすすめのドッグフードについてアドバイスしてもらうという方法もあります。

ワンちゃんも人と同じように毎日食事を摂って、その栄養が健康を守っています。人よりも小さな身体のワンちゃんは、少しの量の悪いものでも大きなダメージを受けてしまいます。ドッグフードはワンちゃんの命を左右するものと考え、成分をしっかりと吟味して選ぶことが大切です。

ドックフードの最近記事

  1. ダイエットのためのドックフード

  2. グルテンフリーやグレインフリーのドッグフードはどうやって選ぶ?

  3. パグに人気のドッグフードの選び方

  4. おすすめドッグフードの選び方

  5. 身体が特徴的なコーギーにおすすめのドッグフードランキング

関連記事

おすすめランキング

PAGE TOP