ドックフードやキャットフードの選び方からアトピー,痒み,涙やけ対策などのペットの体に関する情報など・・お役立ち情報を発信致します。

  1. ドックフード
  2. 17 view

グルテンフリーやグレインフリーのドッグフードはどうやって選ぶ?

グルテンがアレルギーの原因になる可能性があることが近年指摘されていますが、これは人間だけの話ではありません。特に犬の場合、人間とは違う理由でグルテンが悪影響を及ぼす場合もあります。
そうしたことから最近ではドッグフードもグルテンフリーやグレインフリーが推奨されて来ましたが、詳しいことが分からない、選び方が分からないという声も多いですよね。ペットショップや獣医師から勧められることも増えて来たこれらのドッグフードが、なぜ犬に良いのか、どうやって選べばいいのかを解説します。

グルテンとグレインの違い


まずグルテンとグレインという、似た言葉の違いを整理しておきましょう。グルテンというのは麦や大麦、ライ麦などに多く含まれているタンパク質の一つで、小麦をメインに使った食品はもちろん、調味料や乳化剤などの添加物、加工肉のつなぎとして使われています。グレインというのは穀類そのものを指す言葉で、麦類のほかに米やトウモロコシも含まれます。

つまり、グルテンフリーは生成されたタンパク質を含まないという意味で、グレインフリーは穀類自体を含まないという意味です。
いずれの場合もドッグフードにおいては、材料に穀類や穀類由来のタンパク質を使っていないという意味で使われることが多いでしょう。

なぜ犬が食べると良くないのか


多くの人は、犬は雑食性だと考えています。確かに犬はご飯もパンも食べますし、野菜も肉も食べるので雑食とも言えるのですが、実際には犬の身体は穀類を消化する酵素があまりありません。

体内にある酵素は、食べたものを分解してエネルギーに変える重要な働きをしていますが、それぞれ分担が決まっていて担当外の食物は分解することができません。

穀類を消化できる酵素はアミラーゼですが、人間に比べて犬はアミラーゼの量がとても少ないのです。犬は祖先がオオカミなので肉食ですし、穀類は食べられないことはないものの、消化器官の大きな負担になる場合があります。
腸が短く臼歯も持っていませんので、食いちぎったものを丸のみにしてしまうと、内臓に良くない影響を与えてしまうリスクが高いのです。

安価なドッグフードのデメリット

販売されている安価なドッグフードは、原材料がトウモロコシなどの穀類が大半です。安くて大量に入手できる食材ですが、ドッグフードとしてはヘルシーさに欠けますし、栄養価も疑問でしょう。
炭水化物は糖分になるので内臓脂肪が付きやすく、犬が肥満になりやすいですし、アレルギーや皮膚疾患の原因になる場合もあります。何より内臓に負担がかかるリスクが高いので、摂取量には注意が必要でしょう。

犬に炭水化物は不必要?

炭水化物は生物にとって大切な三大栄養素ですので、摂取してはいけないという意味ではありません。犬に与えるなら、サツマイモなどをよく茹でてすり潰し、消化しやすい形にすると理想的です。

また、与える量のバランスが一番重要ですので、肉との量バランスを工夫すれば問題ありません。最新のドッグフードでは、穀類の使用を避けて低GI野菜に切り替える設計も多くなっています。

どんなドッグフードが理想的か


前述の例は安易な大量生産のドッグフードであり、もちろんドッグフードのすべてが悪いわけでは決してありません。

犬の健康を考えた良質なドッグフードも増えて来ていますので、選ぶなら間違いのないものを選びたいですね。
それでは具体的にどんな点に注目して選べば良いかご紹介しましょう。

良質な動物性タンパク質を使用している

グルテンフリー、グレインフリーなら何でも良いというわけではありません。大事なのは、原材料となる肉や魚などの動物性タンパク質の内容です。

低品質な肉類としては、鶏の羽などでかさ増ししている場合やとさかなど捨てる部分だけでごまかしているものもあります。理想としては食材の飼育環境まで分かるものがベストですが、どんな肉や魚が使われているかは必ず確認しましょう。
また、原材料の何%が肉や魚なのかが明確にされているドッグフードが信頼できます。

低GI値食品を使っている

先ほども触れましたが、穀物の代わりに野菜や豆類を使うなど、低GI値に配慮しているドッグフードは理想です。炭水化物は犬にとっても必要なエネルギーなので、できるだけ低GI値のドッグフードを選びましょう。
代表的な低GI値食品は、サツマイモやえんどう豆、いんげん、ヒヨコ豆などです。これは人間にとっても同じですよね。

化学合成物質が入っていない

添加物の有無は、人間の食品と同じく犬にも重要な点です。ビタミンやミネラルなど天然由来のものであれば良いですが、合成保存料や合成着色料、香料などの添加物を長期に多量摂取するのは危険です。
化学合成物質は、人と同じく犬の内臓にも負担をかけますし、アレルギー症状にも繋がります。健康で長生きしてもらうためには、安全なドッグフードを選ぶ必要があります。

安心して犬に食べさせられるグルテンフリー、グレインフリーのドッグフードのポイントについて解説しました。もし現在はまだ不調が見られない場合でも、これから先の犬の健康を考えれば、安全なドッグフードへの切り替えはすぐにでも実施したい事項ですね。
もちろん、犬が好んで食べることも大切ですので、いろいろ試してみながら相性の良いドッグフードを探してみてください。

ドックフードの最近記事

  1. ダイエットのためのドックフード

  2. グルテンフリーやグレインフリーのドッグフードはどうやって選ぶ?

  3. パグに人気のドッグフードの選び方

  4. おすすめドッグフードの選び方

  5. 身体が特徴的なコーギーにおすすめのドッグフードランキング

関連記事

おすすめランキング

PAGE TOP