ドックフードやキャットフードの選び方からアトピー,痒み,涙やけ対策などのペットの体に関する情報など・・お役立ち情報を発信致します。

  1. ドックフード
  2. 37 view

老犬におすすめのドックフードは?

犬が老犬に入る年齢は7歳ぐらいからで、これまで食べていたドッグフードとは求める栄養素が変わってくる時期に入ります。犬によって必要な栄養素が若い頃とそれほど変わらなくても、基礎代謝が落ちてくるため肥満になりやすい傾向が見られます。

シニア犬に必要なのは高タンパク・低脂肪の食事と低タンパク・低脂肪の食事の2つに分かれます。どちらの食事が最適かはワンちゃんによって異なるため、シニア犬のドッグフード選びは意外と難しい面があります。しかしシニアになるほど栄養はしっかり摂りたいですので、実際に与えている人たちの評判の良いものをご紹介します。

続けやすいものが何より重要

いくら成分が良くて高級なドッグフードでも、ワンちゃんが食べてくれなければ意味がありません。毎日与えるものですから、あまりに値段が高いものや添加物などが含まれているものは避けたいものです。
そこで重要になってくるのが栄養バランスが良く、老犬の身体のケアができる成分が配合され、なおかつ経済的な負担がかかりすぎないものが理想となります。高齢になると消化能力が低下してきますので、お腹への負担が少ないことも考慮したいポイントです。

厳選ドッグフード3選

カナガンの「ピッコロ」は、シニア犬のために作られた高タンパクで低脂肪、低カロリーのドッグフードとなっています。穀物を消化するアミラーゼという酵素がない犬にとって、穀類は胃腸に大変負担がかかるのですが、このピッコロには穀物が一切入っていません。

主原料には新鮮なサーモンとチキンを70%使用しており、添加物も入っていないので安心して与えることができます。またすべて人用の食材を使用しているため、人工的な匂いがなく風味と香りの良い商品であるのが特徴です。
シニア犬になると食欲が低下してしまいますが、ピッコロは嗜好性が高いため食欲の落ちたワンちゃんでも好んで食べてくれます。また少量で必要な栄養素が確保でき、関節に優しい成分も配合されているなど嬉しいポイントが満載です。

ペット先進国であるイギリスは、ドッグフードに使用できる素材に対して厳しい基準を設けています。その中でも手作りレシピで作られたようなドッグフードが、モグワンの「モグワンドッグフード」です。モグワンドッグフードは食材を厳選しており、すべての年齢のワンちゃんに対応できるのが大きな特徴です。

そのためシニアの年齢に達しても、わざわざドッグフードを変える必要がありません。原材料には新鮮なチキンとサーモンを53%使用しており、消化に良いとされるサーモンオイルとココナッツオイルも配合されています。
これらのすべては人間が食べても安心・安全な食材で、添加物や穀類が入っていないためワンちゃんのお腹の健康も守ってくれます。ほかにも抗酸化作用に優れた果物や野菜も使われていますので、肉類だけでなく植物の栄養素が摂れるのもモグワンドッグフードの魅力です。


シニア犬のドッグフードとして評判が高いのが、新鮮な鶏肉を主原料にしているカナガンです。嗜好性抜群でありながら添加物や着色料などは一切入っておらず、チキンがたっぷり入ったうえにグレインフリーであることも高い評価を得ています。

穀物不使用のグレインフリーは消化性に優れていますので、胃腸に負担をかける心配がありません。そのためお腹が緩くなるワンちゃんや下痢をしやすいワンちゃんにぴったりですし、人が食することができる良質な素材はシニア犬の身体に優しくなっています。
低脂肪・低カロリーですがタンパク質は高いので、シニアになっても活動量の多い子におすすめのドッグフードです。


国産のドッグフードを求める人に人気

イギリスやカナダは日本よりも使用する原材料に厳しいため、ドッグフードには外国産のものが多く見られます。しかし国産のほうが安心できるというなら、Dr.ケアワンはいかがでしょうか。

このドッグフードは獣医師が開発に直接携わったもので、すべて国産の材料を使用した無添加ドッグフードとなっています。鹿児島県産のチキンは必須アミノ酸のバランスが大変良く、このチキンを主原料にしているのがDr.ケアワンの特徴です。

ほかにも抗酸化成分であるポリフェノールや目の健康を守るアントシアニンも含まれています。またシニアになると気になる関節の健康には、コンドロイチンとグルコサミンが高配合されているため節々の健康維持にも役立ちます。

7歳をすぎたシニア犬は、歳をとるスピードが一気に上がっていきます。1年で人間の3年以上にもなることがあり、早めにシニア用のドッグフードに変えることは非常に重要な意味を持っています。
そこには健康を維持するだけでなく、病気を予防することや改善を図ることもできるからです。愛犬が歳をとってきたと感じたら、愛犬に合ったシニア用のドッグフードに変えて、いつまでも元気でいられるようにしてあげたいものです。

ドックフードの最近記事

  1. ダイエットのためのドックフード

  2. グルテンフリーやグレインフリーのドッグフードはどうやって選ぶ?

  3. パグに人気のドッグフードの選び方

  4. おすすめドッグフードの選び方

  5. 身体が特徴的なコーギーにおすすめのドッグフードランキング

関連記事

おすすめランキング

PAGE TOP